研修報告

「高めあおう、薬剤師力!~民医連らしく地域やチーム医療に貢献しよう~」
2年に1回開催される交流集会が11月23日神戸で開催されました。
当日は333名の参加者があり、にじからは薬剤師14名と事務職が4名参加しました。
午前の記念講演は宝塚市立病院薬剤部の吉岡先生に「ポリファーマシーと地域連携」の話と
午後からは4つの分科会に分かれて各県連、各法人薬局の発表を行い有意義に交流することができました。

image[1].png

文科会では、レインボー薬局 Iさんが「ブラウンバック」の発表を行いました。

image[3].png

本部 K

10/22(土)20名が参加しました。

テーマは3点ありました。

  1. 入力インシデント...4月~9月までの半年間のレインボー薬局の集計で、それぞれの注意点が整理されていました。
  2. 間違いやすい事例...一包化が絡んだものや、同一成分でメーカー違いの内服薬の入力方法などが紹介されました。
  3. 地域マップ...新しいテーマで、レインボー薬局周辺の病院・薬局・施設等の基本情報をマップにまとめていました。

「インシデントを報告しあってミスを減らしたい」
「具体的な事例の説明が分かりやすかった」
「地域マップの考えはよかった」
「各薬局で入力方法が違う点もあったので、統一した方がよいのでは」などの感想がありました。

次回は、調剤報酬改定内容を学習する予定ですが、間違いやすい事例の収集も続けていき、各薬局で共有しましょう。

本部 Sさん

第18回 事務学習会 第18回 事務学習会
10月8~9日、日本薬剤師会学術大会(東京)へ参加させていただきました。
50回の記念大会とあって大勢の人が研修に参加されていました。
「認知症はあと5~10年で完治できる薬が発売される」、
「分子標的薬の今後」等、
未来へつなぐ医療についての講演があった中、
一番印象深かったのは芸人・Wマコトさんの特別講演
「人を笑顔に導く『笑いの五原則』」でした。
患者さんはもちろん、
チーム医療・地域医療が推進される中、他職種チームとの信頼関係の構築が必要不可欠であり、そのためにも上質なコミュニケーションを身に付けようというものでした。
本当に納得の内容で、今後患者さんへの対応も心に寄り添う・笑顔へ導くコミュニケーションを心掛けていきたいです。

レインボー薬局 Sさん

01.jpg

2017.10.14-15 東京有明・TIME24にて行われた第2回J-HPHカンファレンスに参加させていただきました。
HPH(Health Promoting Hospitals & Health Services)とは、1986年オタワ憲章で初めて提起され、病気治療だけでなく、健康の追求に貢献することで、人々が強制ではなく自ら行動を変えられるようにするプロセスのことです。患者、職員、地域住民の健康水準の向上を目指し、幸福・公平・公正な社会の実現に貢献することを目的としています。社会階層が低い人ほどニーズが大きいということで、問診、介入、連携と進めていきます。
活動例としては、職員へのヘルスプロモーションとしては、看護部の腰痛予防対策、内科病棟での朝のストレッチなどがあり、地域に向けたHPH活動としては、減塩キャンペーン、健康ひろば・健康教室、脳いきいき教室(認知症予防)、子供禁煙教室などの報告がありました。
薬局としては、今さかんに言われている健康サポート薬局の活動(薬の相談、健康相談、健康教室、禁煙サポート など)が、まさにこれに値すると思いました。
HPHの意味も分からずに参加しましたが、大変勉強になりました。

りーふ薬局 Yさん

薬害エイズなどの反省から、厚生省(当時)は薬害の再発防止を決意する「誓いの碑」を1999年8月24日庁舎正面に建立しました。この日を「薬害根絶デー」とし、薬害をなくす為に毎年取り組んでいます。

今回の薬害根絶デー日程は、8月23日薬害根絶デー実行委員会による前夜集会から始まり、民医連近畿地協交流集会、24日は全日本民医連による薬害根絶デー学習交流集会、厚生労働省前のリレートーク、碑の前行動でした。
24日の学習交流集会は、薬学生も含めて100名以上が参加し、子宮頸がんワクチン薬害訴訟中ということもあり、講演は子宮頸がんワクチンについてでした。

碑の前行動では、加藤厚生労働大臣が来られ、次のように述べられました。
 事前に要望書を頂いていたので、目を通しました。
 薬害によって亡くなられた人、ご家族にはお見舞いを申し上げます。
 薬害は再びおこしてはいけないと新たに思いました。
 この碑の一言一言を重く受け止め、責務を認識し、質、安全性に取り組んでいきます。
 (原告の方3名が直接訴え)その声も受けとめ、対応していきたい。

子宮頸がんワクチンでの副反応は多系統にわたっており、多様な症状で、時間の経過とともに変化することもあり、また遅発性の場合もあります。そのため、副反応と分かるまでは詐病やヒステリーと診断されることが多く、理解されずウソつき呼ばわりされた事、「娘さんが演技をしているのが分からないのか?どんな育て方をしたのか」と医師が母を叱ったなどの苦しみを原告の方が訴えていた事を知り、医療機関に理解してもらえないのが一番の苦しみではないかと思いました。

子宮頸がんワクチンはワクチンとしての有用性が欠けるにもかかわらず承認・市販したこと、接種勧奨の要件が欠けるにもかかわらず公費助成・定期接種化を勧奨したことに矛盾を感じました。

(つばさ薬局 S )

01.jpg 02.jpg
私は平和についてあまり考えたことがありませんでした。
学校でもそういった取り組みはなかったので、今回はとてもいい機会になりました。
今回の内容で一番心に残ったのは2日目の碑巡りです。
案内していただいたのが被爆者の方だったので、普通に案内していただくだけでなく、過去に実際に遭った体験も話していただいたりして、多くを知ることができました。
また、街中を歩く中、木々が生い茂り、街並みもとても綺麗だと思うと共に、ここに原爆が落ちたのが信じられませんでした。
「原爆は我々人間が作り、人間が使ったのです。」とおっしゃっていたのですが、それに加えて「我々人間がここまで復興した。」とも思いました。
これから私に何ができるかわかりませんが、できる限りのことをしていきたいと思います。 
レインボー薬局 I 
02.jpg 01.jpg
7/22、7/23熊本で開催された 「第3回日本医薬品安全性学会学術大会」に参加してきました。 副作用委員会として毎年、今年度のまとめを報告しているとのことで、メンバー全員で参加してきました。まだ開催も3回目のためか500名ほどが参加されている学術大会でした。 内容としては医療の安全性に関わるものが多く、副作用、薬物間の相互作用、ポリファーマシー、処方カスケードについてなど内容も濃く勉強になるものばかりでした。 医薬品の副作用対策だけでなく適正使用に役立てていける内容で、参加して良かったと感じました。来年度は岡山の倉敷で開催されるようです。 また懇親会では、太鼓の演奏や、辛子れんこんなど熊本名物も味わうことができました。 最終日にはくまもとサプライズというイベントもあり、くまモンがやってきてくまモン体操で歓迎してくれました。みんなムービーをとるのに必死でした。 サニー薬局 S
image1 (2).JPG image2 (2)_1.jpg
卒薬剤師初年度研修会が5/27(土)・28(日)に、東京のTOC有明ウエストタワーにて開催され、160人が参加しました。

<感想>
中々、他県の薬剤師の方々と出会う機会が無く、また、やはりそれぞれの地域背景が違うので、苦労もいろいろでてくるということが分かりました。
自分と同じキャリアの新人が集まったので、悩みが共感できることも多く安心しました。

レインボー薬局 Rさん

20170527-01.jpg
20170527-02.jpg20170527-03.png
講師:大阪ファイン 理事長 山下正洋氏

私は、「薬害」という言葉はあまり聞きなれていませんでした。 
副作用と薬害の違いを聞かれたとき、初めはわかりませんでしたが、医療従事者の対応が遅れたものが「薬害」であることを知りました。
薬害の歴史について学んだことで、これから自分でも勉強していき、薬害を防ぐ手助けができればよいと思いました。
また、機会があれば、学習会に参加したいです。
8月8日(火)PM2:00からの『HPVワクチン裁判』傍聴のお誘いがありました。

レインボー薬局 Iさん

yakugai1.jpg
yakugai2.jpg
10月8日(土)第16回事務職員学習会を22名の参加で開催
今回のテーマは、高額療養費と分割調剤、肝炎治療の医療費助成制度に関する事例を学びました。
分割調剤の話は、入力の経験がない分、少し分かりにくかったようでした。医療費助成、高額療養費制度は改めて勉強できてよかったなど好評でした。
次回の学習会テーマとして、PC入力の裏技、間違いやすい事例など意見が出ています。次回はPCを活用した実践的な内容を検討していきます。

study20161018-1.jpg
study20161018-2.jpg

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ