ホーム > トピックス > 若い薬剤師向けの「薬剤師単身者住宅補助制度」を新設しました。

若い薬剤師向けの「薬剤師単身者住宅補助制度」を新設しました。

第1条
この規定は、一般社団法人ファーマメイトにじ・おおさか(以下にじ)薬剤師単身者住宅補助制度に関して定める。
第2条(目的)
にじは薬剤師の確保と安心して働きやすい環境をつくるために、薬剤師単身者補助制度を設置する。
第3条(対象者)
1.対象者は、にじの職員で薬剤師であり、独身である者。
2.入職10年以内の者。但し35歳までとする。
第4条(手続き)
申し込みを所定の用紙をもって本部に提出する。
第5条(入寮者は、次の行為をしてはならない)
1.住居を他人に貸与する。
2.入寮者以外の者の使用及び宿泊させること
3.火災・盗難・衛生・近隣の迷惑にならないように留意すること
4.住宅を破損したり汚したりすること
5.契約して物件(部屋)の管理者が定めた事項に違反する行為
6.その他、社会的道義に反する行為をすること
第6条(責任事項)
自己の責に帰すべき事由により建物・付帯設備等を破損した場合は、入寮者は家主の指示により原状に復し、または損害を賠償しなければならない。
第7条(住居について)
住居は、個人がが契約するものとする。
第8条(費用と家賃補助に関して)
1.契約にかかる費用、敷金・権利権・礼金・更新料など必要な料金は、個人が負担する。
2.水光熱費は個人が負担する。
3.住宅手当は支給する。
4.家賃補助は最高50,000円までとする(共益費込み)。
第9条(期限、年齢制限について)
次の者は、対象からはずれる。
1.にじに入職して10年が経過した場合、並びに35歳が過ぎた場合。
2.第5条に該当する違反があった場合、その注意等をしたにも関わらず、改まらず、にじとして家賃補助打ち切りを決定したとき。
3.結婚した場合。
4.退職した場合。
5.自己の過失により他の入居者に不利益を与えた場合。
第10条(解約)
解約を希望する場合は、1ヶ月以上前に連絡し、必要な手続きを行う。
第11条(その他の事項)
上記以外で例外が生じた場合は、労使協議の上で決定する。

2017年7月12日
一般社団法人 ファーマメイトにじ・おおさか
理事長 松本 直生

  • ホーム
  • トピックス
  • 保険薬局からのお知らせ
  • 会社案内
  • 薬局案内
  • 採用情報

レインボー薬局:おくすりの宅配

にじニュース

くらしに役立つ話

お薬手帳

エコ くすり袋リサイクル

震災支援について

動画でみる働く薬剤師

地域とのつながり

マイナビ2019

ISO9001認証取得
品質の世界標準規格で業務の見直しをおこない、患者様の満足と職員の成長につなげています。

ISO9001認証取得

各種お問い合わせやご意見、求人に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ

一般社団法人ファーマメイトにじ・おおさか
〒538-0052
大阪府大阪市鶴見区横堤5-2-2-2F
TEL:06-4257-4680
FAX:06-4257-4676

ページのトップへ